へもか

憶測以上の確定未満

食事と生活 5

十二月三十一日。

名古屋へ戻ったら母が迎えに来てくれる約束だったけど、直前で乗る新幹線を早めた。予定より早く帰るよと連絡しても返信すらないまま最寄駅に到着した。こないだまで一人でよく飲み歩いた飲屋街なので歩いて帰ればいい。古い縄張りのパトロールだと、意気揚々と一駅歩いたところで母から電話があって、そんな危ないエリアを歩くなと叱られた。

迎えに来た母は車を運転しながら近況を教えてくれる。バイトをはじめたので忙しくて仕事を終えたら自転車で家へもどり三十分で昼食と休憩を取って祖母を買物へ連れていく。時間がないので昼食は冷凍食品のパスタをチンするんだけどあれって意外とおいしいのね。あなたが帰ってきたら雨上がったわ。アクセルからブレーキへ忙しく踏み替えながらとめどなく話す。

母が一人で適当な食事をとっているのはなんとなくさみしい気がする。豪勢じゃなくてもいいけど、せめてせわしくない食事をしてほしいじゃない?

というのは私の勝手な思いで、せっかく張り切っている母には美味しくてヘルシーなインスタント食品でも教えてあげたほうがいいんだろうな。

 

一月三日。

本山の交差点から猫洞通を上って洋菓子店を目指して歩いていたら、学生の頃行った洋食店が見えてきた。昔の恋人と行ってオムライスを食べた店。焦げひとつない黄色いオムライスが置かれたテーブルには赤と白のギンガムチェックのビニールクロスが敷かれ、すずらんのような傘の照明が天井から下がっていた。もぐもぐやる顔を一方的に見られるのが嫌で相手の料理が来るまでオムライスの湯気を目で追っていた。

通り過ぎざまに出窓のカーテン越しに店を覗くと記憶のままだった。

東京に戻れたのと同じくらい、名古屋を離れられてよかった。そんなこと思うくらいそのままだった。

 

 

一月四日。

おせち、蟹に、すきやき。年末年始の食事は豪華だけど、あまりに豪華で家族で囲むにはちょっとむずがゆい気がする。

ついに夕食のネタが切れた母に何がいいか聞かれたのでお好み焼きをお願いした。

弟と父と母が選んだという缶詰をつまみにビールを飲みながらお好み焼きが焼けるのを待ち、父は入手した日本酒のうんちくもそこそこに開栓し、チーズがないマヨがないと騒いで母に煙たがられている。空気が煙いからと窓を少し引くと冬の空気が細く入ってくる。

お好み焼きおいしいな。妹夫妻は早く帰ってこないかな。

 

Google Home miniを数百円で壁付けにする賢い方法

なぜ思いつかなかったのだろう。
はがせる強力両面テープでくっつけてしまえばいい、という単純なことに。

 

 

 

家LANDの話

目黒のLANDについて

LANDは目黒にあるとてもおいしいカレーのお店。
なかでもポークカレーは、ピラミッド型に盛りつけられたごはんと、同じくらいの高さでそびえるとろとろぷるぷるのポーク! スパイシーな刺激に豚肉のグレイビーな旨み。

そしてこの美しいビジュアル。衝撃だった。

 

中毒性のあるおいしさのせいかわずか4ヶ月で全メニューを制覇した。

こうなると家でもLANDっぽいカレーが食べたくなってくる。
通称、家LAND。作ってみましょう。

 

続きを読む

買ってよかった2017

ラップトップのスタンド


ラップトップが直立して、裏にコード類が隠せてスッキリ!
(ほんとはIKEAのナプキンホルダーです)

 

ワイングラス

ガラスに厚みがあるので冷凍庫でキンキンに冷やしてウイスキーをいただいています。そしてスタッキングできちゃう。満足。

 

コップスタンド

ハンズで300円くらいで買ったマーナのコップスタンド
水も切れて埃もたまらなくて衛生的で気持ちいい。洗面台もゴチャゴチャしなくて、使った日から嬉しくてニヤニヤした。

 

Google Home Mini

半額になっているのを知った恋人が欲しがって、「3,000円ならいいんじゃない?」と言ったら家にGoogle Home Miniが来ました。
キッチンタイマー、アラーム、ラジオ、音楽プレイヤーとして主に使っているけど、音声指示だけでBluetooth接続してくれるのは地味に便利。

Googleアシスタントちゃんとのやりとりも愛着が湧いてまいりました。

もともと多脚ロボが好きなのですが、もしかして"無脚"というジャンルもありなのではないでしょうか。

 

壁掛けにしたら音もいいかんじ!(左隅です)

 

Braava 380j

ワーイ! クリスマスプレゼントでブラーバがやってきました!

 

 

この世に生を享けたブラーバ(電源を入れた)。

 

ノーススターからの指示を待つブラーバ。

 

狭いところも細かく切り返して潜入するブラーバ。

と、このようにたいへんかわいい。しかも掃除しているんですね。
オススメはその場で旋回する動きです。ロボットっぽくてかわいい。

 

部屋にロボが増えたのがうれしい2017年でした。

外からみる台所2017

外からみる台所、2017年のハイライトを振りかえります。

 

かつてここまで隠れながら自己主張する台所の窓があったでしょうか。

 

両開き窓の横いっぱいに棚板が渡されているところ、そして模様入りの型ガラスが良い!
等間隔に置かれている鍋やヤカンも可愛らしい。

 

玄関扉の真横に台所窓。
方角的にはよく並ぶあるパターンだけど、隣はすごい。窓半分の吊り棚のベーシックさが良い。

 

「外からみる台所」の原点。たわんだ板がやはり味わい深い。

 

チェリーレッドのテントをかぶった台所の窓、かわいい!

以上、2017年の「外からみる台所」でした。

酒の味

酔うために飲む酒はみっともない。ごもっとも。ごもっともだけど、みっともないと思いながら酔うために飲んだことがあるし、またいつか飲むこともあるだろうな。そういう酒がひとを救うのか腐らせるのかは分からないけどそういう酒の味を私は覚えている。酔うために飲む醜態のあまりの凡庸さに自らうんざりしながら飲んだ。飲みつづけているうちに昨日も同じことを繰りかえしていたのも気にならなくなってすぐに寝られた。いつでも酒を味わい楽しむことができるならそれがいちばんいいよ。でもできない人や状況もあるかなって思います。

すごく飲んでいたように書いてしまったけど缶チューハイ一本で寝ていました。弱くて。すみません。

ラップトップのスタンドを買った話

とくに目的もなく行ったIKEAでちょうどいいラップトップスタンドを買った。

ほんとはナプキンホルダーだったんだけどね。

バネとかで閉じる仕組みはとくになくて、挟んでいるものの重さで閉じるだけ。斜めに立てかけるスタンドみたいにやたら幅の出る印象がなくてスクッと直立するのも良い。ホルダーの下と裏でごちゃごちゃとしたコードを隠せて、なんとお値段399円。

 

グラス(199円)とデミタスカップ&ソーサー(399円)も買った。安いグラスは脚が太くなって野暮ったいけど、この短さだとかえってレトロなかんじで良いね!

しかし今回はなんといってもラップトップのスタンドが最高の買いものだった。