へもか

憶測以上の確定未満

読書

未知の世界が混じりあう場所

「未来をつくる言葉: わかりあえなさをつなぐために」を読みました。コミュニケーションについて、日英仏トライリンガルの著者による本。 本となったきっかけに、生まれた娘のために父の歩みを記したいという気持ちが書かれていて、父という意識が文章を包ん…

「掃除婦のための手引き書」を読みました

ひょっこり一日だけ暖かな日があった。リスやカササギがおしゃべりし、スズメとフィンチが裸の木の枝で歌った。わたしは家じゅうのドアと窓を開けはなった。背中に太陽を受けながら、キッチンの食卓で紅茶を飲んだ。正面ポーチに作った巣からスズメバチが入…

俺のIUT理論の衝撃を聞け

読みおえました。 IUT理論というのは宇宙際タイヒミュラー理論のことで、あのABC予想を解決するという画期的な理論です。それを300ページ足らずで理解することができるならすごい。ABC予想を解決するため、IUT理論では異なる数学の正則構造を持つ宇宙を複数…

【二月の読んだ本】コンセプトを食べる 他

二月の読んだ本(18冊) 今月はよく読みました!すべて読んだのは5冊だけで、あとは斜め読みです。 悪について誰もが知るべき10の事実 - Julia Shaw 直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN - 佐宗邦威 哲学と宗教全史 - 出口治明 意識と感覚のない世界 - H…

やさしさではない

また会ってもいいか、もう会う必要もないか。初めて会ったひとを一度の機会で判断しますか。たとえば友人の友人のような、仲良くなれるといいなと思っていたひとが、最低限と考えている礼を失していると感じたら、もう会いたくないリストに加えますか。 ちょ…

家の植物を考えるとき最適な本はどれだ(1)

仕事でもインドアグリーンの提案は増えているので引き続きいろいろ読みたい

信じていながら

なぜ読みおえてから書けないのか。「プリズン・ブック・クラブ」の読中感想文です。

カンタン4ステップで滝沢カレンになる!(文章が)

書くだけで脳が尋常じゃなく疲弊したので4ステップは未検証です(すみません)

みんな読者だった

「冬の夜ひとりの旅人が」の感想です

残したくなかった人の愛の記録

「愛情生活」を読んだ感想です

だれかのロマンが終わるとき

1920年代のアメリカを舞台にした準古典小説、「グレート・ギャツビー」を読みました

若いなぁって

今読んでいる「熊を放つ」という本の話です

噂話と肉声

レイモンド・カーヴァーの「ファイアズ(炎)」を読んだ感想です

動きを制する者は心を制する(かも)

どうも、rintaroです。 すこしまえですが、山本貴光編の「サイエンス・ブック・トラベル 世界を見晴らす100冊」を読みました。 科学者30人がそれぞれ科学書をオススメしまくってくれるブックガイド。正しく優しく説かれた最新の科学書や、科学者自身がこの道…

事実だけで捉えないこと

レイモンド・カーヴァーの詩集を読んだ話です

まっとうの先にあるおもしろさ

みうらじゅんの「『ない仕事』の作り方」を読んでおもしろかった2つのこと

善意と悪意は事後的に分かれるだけかもしれない

「断片的なものの社会学」を読んだ話。

感じたことをピタリと言語的に表現される快感

村上春樹の音楽評論集「意味がなければスイングはない」を読んだ話

誰でも誰にも見向きもされない

グレイス・ペイリーの「人生のちょっとした煩い」を読んだ話

日常の鮮やかな消滅

丸谷才一の「樹影譚」を読んだよ。

口にいれてしまえ

「エクソフォニー 母語の外へ出る旅」という本を読んだ感想。

輪郭を溶かす

レイモンド・カーヴァー「頼むから静かにしてくれ」を読みました。

【4月の読んだ本】息をひそめて本を読むこと他

4月に読んだ本の感想を愛をこめて書きました

【2月の読んだ本】その植物を存在させているコンテクストを知ること

2月に読んだ本10冊の感想をサクっとまとめました

【1月の読んだ本】きみのそれは読書か?他

1月に読んだ8冊の本についてサクッとまとめました

【3月の読んだ本】わたしたちはゾンビじゃないって知ってた?他

3月に読んだ本をサクッと紹介!