読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へもか

憶測以上の確定未満

覚王山の長坂で炉端焼き

どうも、rintaroです。

覚王山の炉端焼きの料亭、長坂に行ってきました。
もうおいしいしか言いません。

 

蟹。

 

座敷の襖を開けた途端、囲炉裏で香ばしく焼けた鮎がお出迎え。

 

取り皿が鮎にぴったり。

さっそく鮎を頭からボリボリいただく。
頭も骨もワタも卵も、まるごとおいしい。

 

めくるめく炉端焼き。みずみずしい夏野菜の串がいい。
串はほかにも鮭の西京漬、葱チーズのお揚げ。えいひれ。

このあたりから「おいしい」に「(おなかが)くるしい」が混ざりはじめる。

 

焼けるのを待つあいだに刺身やつくね汁も。おいしい。

 

〆の蟹の炊き込みご飯~。思いのほか蟹がたっぷりだ~くるしい~。

 

惜しむらくは日本酒の種類が少なくてあまり選べないこと。
でも普段飲まない常滑の地酒なのでうれしい。

 

甘味はパンナコッタ、フルーツゼリー、水羊羹風の冷やしぜんざい。このぜんざいがおいしかった!それに薄茶。くるしい。

 

昼は、食前酒と口直しのグレープフルーツのフローズンドリンクがサービスとのこと。

3人以上の完全予約制(鮎を焼いておかなくちゃいけないし)。
旅館みたいなほがらか接客であまり堅苦しくないのもいい。

 

おいしかった。次は冬にでも。