読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へもか

憶測以上の確定未満

鳥が飛べなくなった

実家の鳥が飛べなくなった。

飛べなくなったのは年始のことで今は快方に向かっているからもう笑い話だけど、実家で飼っている鳥(五歳になるオカメインコ)が飛べないと最初に知らされたときは冗談かと思った。しかし母の真剣な様子だとどうやら本当に飛べないらしい。鳥が、飛べない。おそらく怪我をしたんだろう。翌日には実家に帰る予定だから状況を細かく聞くより会ったほうが早い。体力を消耗させないよう暖かくしてあげて、と伝えてはみたけど鳥の飛べない様子というのがあまりうまく想像できなかった。

実家に帰ってみると鳥は元気よく歩きまわっていた。タカタカタカタカッとリビングの机を爪で鳴らして捕まえようとする人の手を素早くかいくぐって、得意気に歩きまわっていた。そうして歩いて端まで来たらスッと小さくかがんで机の端を蹴る。いつもなら自分のカゴまで飛ぶのだけどあきらかに飛びあがるための羽ばたきが足りず、着陸のための減速もできず、翼を広げたまま机からただ滑空し床にパサッと落ちた。完璧な不時着。

びっくりして翼がひらいたままの鳥を急いで拾って手で包むように撫でつづけた。ぐったりと力が抜けきって撫でられるがまま頭が羽に埋もれていってしまう。撫でるほど丸くなっていってさながら豆大福。ショックで放心しているとしか言いようがない。どう見ても落ちこんでしょんぼりしている。

人は、鳥がしょんぼりしていたらこちらも悲しくなってしまう生きものです。

真剣に観察したけど外傷はなさそうだった。家族で話しあいのすえ、飛べなかったことによるPTSDだろうと結論づけた。

そこからは放鳥中できるだけ飛ばさせないように鳥の望む場所に手で運んだり、また不時着を繰りかえしてしまった時もすかさず拍手(爆発的な拍手をしてはいけない、鳥を驚かさない程度の柔らかな拍手)をしながら拾いに行き「いいよ!飛べてる!飛べてるよ!」と褒めたり、妹とキウイやカカポの動画(エミューやダチョウは走行能力が強調されるため不適切であると思う)を見せたり、それでもやっぱり落ちこんでいたら鳥が飽きるまで撫でながら「いいのよ、大丈夫よ、飛べない鳥もいるのよ」と口ずさんで鳥を支えた。

結果、まず着陸のための減速ができるようになった。

これが出来た途端、鳥は若干得意気であった。それまでのようにひどく落ちこむこともなくすぐにエサをポリポリと食べた。

そして、ついに鳥が飛んだと母から連絡があった。

滑空ではなくちゃんと飛んだらしい。鳥が飛んだだけでこんなに嬉しかったのは鳥が雛だった時以来だ。

うちの鳥は雛の頃にレースカーテンのおもしの鉛を噛んで重金属中毒で死にかかっている(住宅メーカーのことは憎んでいます)ので将来的にどんな体調不良が出てもおかしくないと獣医には言われているけど、年始からほんとうに心配した。

飼っている鳥が飛べなくなったときはご参考ください。

鳥も突然飛べなくなることがあるんだから人もいろいろあるよね。